犬と猫のマイクロチップ情報登録
環境省データベースへの移行登録受付サイト
対象:下記の登録団体にマイクロチップを登録済み*の犬及び猫
  • Fam
  • ジャパンケネルクラブ
  • マイクロチップ東海
  • 日本マイクロチップ普及協会
  • 日本獣医師会(AIPO)

 動物愛護管理法の改正により、令和4年6月1日以降に装着されたマイクロチップは、「犬と猫のマイクロチップ情報登録」という環境省のデータベースに登録されることになります。

 現在、既にマイクロチップを装着し、上記登録団体に登録されている方で、環境省のデータベースへの登録を希望される方は、このサイトから登録の受付ができます。

 移行登録料は無料です。

 本サイトで登録受付後、現在、登録されている登録団体に、登録があるかどうかの確認を行います。登録がなかった場合には、装着・登録が証明できないため移行登録はできません。

* その他の方も装着の確認が取れれば受付ができる場合がありますので個別にお問い合わせください。

※令和4年5月13日までの受付分は、令和4年6月1日に移行登録されます。
 令和4年5月31日までの受付分は、令和4年6月中に移行登録されます。
 不備のある申請については、移行登録できません。

マイクロチップは外れることのない「小さな名札」です

マイクロチップの装着は、動物病院等で獣医師の指示の下愛玩動物看護師が行います。一度装着すると首輪や名札のように外れ落ちる心配はありません。マイクロチップの識別番号をもとにデータベースに飼い主の情報と犬や猫の情報を登録することができます。


迷子や災害等の「もしも」の備えになります

犬や猫が迷子になったり、地震等の災害や事故等で離ればなれになったりしても、飼い主のもとへ戻る確率が高まります。
保護されたときに、マイクロチップを専用リーダーで読み取ることでデータベースから飼い主の情報が分かります。


人と動物の「豊かな共生社会」をめざして

マイクロチップを装着・登録することは、大切な動物たちを守ることにつながります。
捨てられたり、保護されても飼い主が分からない不幸な動物たちを減らし、人と動物が共に暮らしやすい社会を目指していきましょう。